忙しくてもスクワットする時間を作る6つの理由

太もも痩せスクワット ダウン

スクワットは、とても有益なカラダ全体エクササイズの一つです。

特に、とても忙しく、エクササイズにたくさんの時間が取れない人に取って、とても費用対効果が高いエクササイズです。

一週間に必ず2,3回スクワットをするという意思さえあれば、その恩恵はすぐに得る事ができます。

1. スクワットはカラダ全体の筋トレになる

もちろんスクワットは、お尻を引き締めたり、脚の筋肉中心のトレーニングです。しかし、実はカラダ全体の筋肉成長を促進する効果もあります。

エクササイズ自体の運動強度が高いため、タンパク質同化作用がホルモンをたくさん分泌し、筋肉組織の成長を活発にします。

スクワットは特に、上半身・下半身両方の筋肉強度を高める事ができます。

2. スクワットは脂肪を燃やすため、体重を減らす手伝いをする

筋肉を引き締める効果以外にも、スクワットはかなりのカロリーを消費します。

なぜならば一番効果的にカロリー消費するためには筋肉をつける事だからです。毎1キロ筋肉をつける事により、約50~70キロカロリー基礎代謝を向上する事ができます。

3. スクワットは消化促進効果もある

スクワットの筋肉の動きは、カラダの体液の流れを良くしますので、老廃物の排出、栄養分をカラダ全体の運ぶ効果を促進します。

また便通を良くする効果もあります。

4. スクワットはどこでもいつでもできる

スクワットは、フィットネスジムに行ったり、高価なエクササイズ器具の購入は一切いりません。とても忙しい人にとって、時間を捻出するのはとても難しいので、そういう人にはスクワットはピッタリです。

5. スクワットは姿勢を矯正する

スクワットで鍛えられる筋肉は、座ったり、立ったり、姿勢正しく歩いたりするために必要です。また、背筋も同時に鍛えられますので、長時間イスに座って勤務しても姿勢が崩れないための筋肉が付きますので、腰痛防止にもあります。

6. スクワットはホルモンバランスを整える

体内の余分な脂肪を燃焼をする働きが高い2つのホルモンは、テストステロンと成長ホルモンで、スクワットエクササイズ中はこれらのホルモンが急激に分泌されます。そしてその後に、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)が分泌されます。

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、余分の脂肪燃焼、筋肉増強、気分向上、性欲向上、免疫向上効果があります。

では、どうやって正しくエクササイズするの?

スクワットの方法は初級者は「脚やせ効果抜群!スクワットで太ももとふくらはぎ痩せ方法」、上級者は「お尻をキュッとヒップアップ!美尻作りエクササイズ」で紹介しているエクササイズを試して見て下さい。

ライフハック原文