Bose・JBL 人気5種のBluetoothスピーカーを徹底比較レビュー

夏はやっぱり外やビーチで、気に入った音楽を聴きながらエクササイズを楽しみたいですよね。

そこで今回は、スマホに接続できるAmazonで人気のBluetoothのスピーカー5種を比較レビューしてみました。

今回はレビューするのは、1万円以下で購入できる低価格なJAM社とOontZ社の製品2種と、3万円近くするハイエンドなBose社、JBL社、OontZ社の製品3種です。

Bluetooth スピーカー 5種比較

Bluetooth スピーカー 5種比較 上部

価格・仕様比較表

OontZ Angle 3JAM Plus
価格$27.00 $31.00
価格 (円)2,800円3,100円
サイズ13.2 x 7.1 x 6.47.6 x 7.6 x 6.6
重さ255 g227 g
再生時間7時間6時間
電池容量2200 mAH
接続距離 7.62 m9.14 m
防水・防塵×
OontZ Angle 3XLJBL Charge 2+Bose SoundLink
価格 $109.99$91.95$199.00
 価格 (円) 11,000円 9,300円 20,100円
サイズ29.2 x 10.2 x 10.8 21.6 x 17.1 x 10.218 x 5.1 x 5.8
重さ1.56 kg952 g1.18 kg
再生時間8時間 12時間10時間
電池容量4000 mAH 6000 mAH 2330 mAH
接続距離 7.62 m 9.14 m9.14 m
防水・防塵 ○×
AC電源 × ○

Bose JBL OontZ Bluetooth Speaker Comparison

Bose JBL OontZ Bluetooth Speaker Comparison 2

OontZ Angle 3

OontZ Angle 3

OontZ Angle 3 Cables

  • 高音が強く、少しシャンシャンしている
  • 中音が少し弱いので音は太くはないが、低音はなかなか効いてる
  • 音の透明感はJAM Plusよりある
  • 最大音量はBose SountLink、JAM Plusより大きい
  • JBL Charge 2+と同等な大音量がでるが、音の歪みはない
  • しかし無理やり音を増幅している感じで、音の線が少し細く痩せている
  • 防水・防塵なので、ビーチやプールに持っていける
  • スピーカーが向いていない方向では少し音は聞き取りにくい
  • 音量調整はデバイスと連動していないので、本体とデバイスで別々に音量調整をする必要がある

JAM Plus

JAM Plus

  • OontZ Angle 3より中低音よりは効いており、音が太い
  • OontZ Angle 3を比較すると、少しく透明感に欠け、くぐもった感じ
  • 音量はかなり大きく、外で聞いても問題ない
  • 最大音量はBose SoundLinkと同じくらい
  • 左・右チャンネル設定ができるので、2台があればステレオ設定ができる
  • 形状のせいか、どこからも同じ音量・音質の音が聴ける
  • 音量調整はデバイスと連動していないので、本体とデバイスで別々に音量調整をする必要がある

JBL Charge 2+

JBL Charge 2+

JBL Charge 2+ Cables

  • 音にかなり深みがある
  • 中低音がかなり効いていて、音がとても太い
  • 透明感があり、音質がクリア
  • 低音にかなりパンチがあり、R&Bやダンス系のジャンルはかなり聞き応えがある
  • 音量調整はデバイスと連動されているので、本体とデバイスどちらからでも設定できる
  • OontZ Angle 3XLより中低音がしっかりしており、音に厚みがある
  • 大音量再生をOontZ Angle 3XLと比較すると、さすがに箱から無理やり音が出ている感じがする
  • よっぽど広範囲域で大音量再生する必要がなければ、十分大音量がでる
  • 今回比較したスピーカーの中でも一番音質が良い
  • どこからも同じ音量・音質の音が聴ける

Bose SoundLink Mini II

Bose SoundLink Mini II

  • 最大音量はJBL Charge 2+若干より小さいが、外でも十分の大音量がでる
  • 音の深みはJBL Charge 2+の方がある
  • 中音が強く、JBL Charge 2+と比較すると少し音がくぐもって聞こえ、音の透明感がない
  • Bose独特の中低音の厚みがあり、安定した重低音で聴ける
  • バッテリーがあとどれくらいかおんせいで教えてくれる
  • スピーカーが向いていない方向では少し音は聞き取りにくい
  • 音量調整はデバイスと連動されているので、本体とデバイスどちらからでも設定できる

OontZ Angle 3XL

OontZ Angle 3XL

OontZ Angle 3XL Cables

  • かなり大音量で聴ける
  • 最大音量にしても音に余裕があり、音痩せもなく歪みもない
  • JBL Charge 2+より音に深みがある
  • 透明感もあり、中低音もかなり効いており、音の厚みがある
  • どこからも同じ音量・音質の音が聴ける
  • 音量調整はデバイスと連動されているので、本体とデバイスどちらからでも設定できる
  • 防水・防塵なので、ビーチやプールに持っていける

結局どれがオススメ!?

スバリJBL Charge 2+がオススメです!

Amazon.comでは、日本価格で1万円以下で買えるのに、フルスピーカー並みの音質・音量が外やビーチで聞けるのは感動です。

音質もとてもクリアで透明感があり、さらにパンチの効いた低音・厚みのある重低音が、このサイズのスピーカーで聞ける所はさすがJBLです。

少し残念だったのが、Boseです。JBLの2倍の価格で、ブランドもあり、デザインもカッコ良く、機能の豊富なのですが、音質ではJBLが良かったです。もちろん、スピーカーは音質の好みの問題もありますので、Bose独特のコシのある重低音が好きな方は、充分満足できる品質です。

また、日本では少し価格が上がってしまいますが、OonzT Angle 3もAmazon.comでベストセラーになっているだけあって、費用対効果はとても高いと思います。音質にそこまでこだわりがなければ、それなりの品質を提供してくれます。私も、今回みたいにハイエンドモデルと比較していなければ、間違いなく満足していた品質で、これを選んでしました。

という事で、今年はBluetoothスピーカーを持って、ビーチでエクササイズをしませんか?

購入をご検討の方へ

OontZ Angle 3

OontZ Angle 3 製品写真

Amazon.co.jpで買う

Amazon.comで買う

JAM Plus

Jam Plus 製品写真

Amazon.comで買う

OontZ Angle 3XL

OontZ Angle 3XL 製品写真

Amazon.co.jpで買う

Amazon.comで買う

JBL Charge 2+

JBL Charge 2+ 製品写真

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

Bose SoundLink Mini

Bose SoundLink Mini 製品写真

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う