驚きの消費カロリー!究極の有酸素運動「ボクササイズ」で脂肪燃焼

ボクササイズ一時間で消費カロリー1000以上の効果

有酸素運動がなぜダイエットに最適かは「脂肪燃焼効果!なぜ有酸素運動はダイエットに有効か」で説明しましたが、では有酸素運動と筋トレ効果を備えたリーズ・フィットネスのボクササイズクラスがどれくらいのカロリーが消費されているか、活動量計で計測してみました。

なんと一時間のクラスで、6260ステップで4.3キロメートル分の距離を走った事になっており、消費カロリーは1086カロリーでした。

ボクササイズ 消費カロリー

*使用した活動量計はMisfit Shineです。

ダイエットしていなければ、ボクササイズクラスにいくと、カルボナーラ(740kcal)とショートケーキ(196kcal)とプリン(126kcal)が余分に食べちゃえます。 続きを読む

ハリウッド女優もやってるピラティスって何?

ピラティスとは

身体と精神を結合して同時にコントロールすることにより、体全体のバランスを整え、インナーマッスル、コアマッスルを強化する事によって人間がもともと持っている自然治癒力を向上させます。

ハリウッド女優が美しい身体作りに取り入れたり、アメリカのプロ野球選手、テニス選手、プロゴルファー(タイガーウッズ、アニカソレンタム)なども、トレーニングの一環として取り入れたりしています。

また自宅でも簡単に始められる有酸素運動なのはもちろん、年齢や目的別にエクササイズが用意されているなど、そのエクササイズの種類の多さも人気の理由です。

ピラティスエクササイズの効果

ウエストライン 続きを読む

疲労回復、ホルモン高生産、ダイエット効果!ストレッチの秘密

ストレッチは怪我の予防、疲労回復力の促進、凝りの原因を取り除きます

運動不足になると筋肉が硬くなります。また年齢とともに、関節の柔軟性は低くなります。柔軟性が低下すると、筋肉が硬く伸張性が乏しくなり、骨への付着部分の腱の炎症が怒りやすくなり、腰痛や肩こり、関節な痛みの原因となります。

ストレッチは硬くなった筋肉を伸展させ、筋肉に弾力性、柔軟性を取り戻すし、関節の可動域を広げる事により怪我を予防します。

また、収縮した筋肉には疲労物質や発痛物質がたまっており、それが凝りの原因にもあります。ストレッチにより筋肉に弾性を与える事は、血行を良くし、血液の循環を改善し、末梢からの静脈の流れを補助する事で疲労物質を体外に排泄し、フレッシュな酸素や栄養物質を筋肉に送りこんでいく事で、凝りの原因を取り除いたり、疲労回復力を促進します。

硬い筋肉 続きを読む