疲労回復、ホルモン高生産、ダイエット効果!ストレッチの秘密

ストレッチは怪我の予防、疲労回復力の促進、凝りの原因を取り除きます

運動不足になると筋肉が硬くなります。また年齢とともに、関節の柔軟性は低くなります。柔軟性が低下すると、筋肉が硬く伸張性が乏しくなり、骨への付着部分の腱の炎症が怒りやすくなり、腰痛や肩こり、関節な痛みの原因となります。

ストレッチは硬くなった筋肉を伸展させ、筋肉に弾力性、柔軟性を取り戻すし、関節の可動域を広げる事により怪我を予防します。

また、収縮した筋肉には疲労物質や発痛物質がたまっており、それが凝りの原因にもあります。ストレッチにより筋肉に弾性を与える事は、血行を良くし、血液の循環を改善し、末梢からの静脈の流れを補助する事で疲労物質を体外に排泄し、フレッシュな酸素や栄養物質を筋肉に送りこんでいく事で、凝りの原因を取り除いたり、疲労回復力を促進します。

硬い筋肉

しなやかな筋肉

ホルモンの高生産で男性らしく、女性らしく

代謝や筋機能の増強は性ホルモンに効果的です。ストレッチは筋の活動を高める事により、性ホルモンの生産を高める為の刺激となります。その結果、性ホルモンの高生産により、男性ホルモンが男性的な筋肉質なカラダを作り、女性ホルモンが美しい肌や髪を作ります。

ストレッチとダイエットの関係

ダイエットに関して、ストレッチは部分痩せのサポートで、部分痩せを希望している人の多くは、筋肉が張っていたり、その周りの脂肪も硬めです。そこでダイエットで筋肉をほぐすことで、血行を良くし、熱を多く生産し、カラダの代謝を高めてエネルギーの消費量を増加し、脂肪燃焼効果を向上させます。

どうですか?ストレッチについての基礎知識はつきましたか?では、これから代謝アップ、お腹やせ、美脚を作るストレッチエクササイズをご紹介していきたいと思いますので、ご期待下さい。