Fitbitの心拍計搭載新商品Charge 2をCharge HRやJawbone UP3と比較レビュー

Fitbitの一番人気のCharge HRの後継モデルにあたるCharge 2が、いよいよ発売されましたので、さっそくCharge HRや同じ心拍計を搭載したライバル製品のJawbone UP3とも比較しながらレビューしていきたいと思います。

デザインと付け心地

Charge HRとの比較

Charge HRと比べて、ディスプレイはかなり大きくなりましたが、ほぼ幅や厚さに変わりがなく、肌にあたる心拍計センサー・バンド素材も同じなので、一日中、寝る時も着けていても、違和感はなく付け心地は良いです。

Fitbit Charge 2 vs Charge HR 上から

Fitbit Charge 2 vs Charge HR 横から

ディスプレイが大きくなり、一画面で時間・日付・歩数が表示されるようになったので、ボタンを押したり、ディスプレイをタップする手間がなくなりましたので、とても便利になりました。

Jawbone UP3との比較

こうやってJawbone UP3と比較するとだいぶ幅があって、存在感がありますよね。

Fitbit Charge 2 vs Charge HR vs Jawbone UP3 上から

Fitbit Charge 2 vs Charge HR vs Jawbone UP3 横から

Fitbit Charge 2 vs Jawbone UP3 横から

Fitbit Charge 2 vs Jawbone UP3 上から

またクイックビュー(腕を傾けると自動的にディスプレイが表示される機能)の感度がCharge HRを比べて良くなり、何度も傾け直す必要もなくなり、腕を少し傾けるだけで、確認したい情報がすべて一度に確認できるようになりましたので、とても便利になりました。

ちなみに、初期画面でのディスプレイ表示やメニューアイテムは下記のように細かく設定できますので、とても使いやすいです。

Fitbit Charge 2 メニュー カスタマイズ

Fitbit Charge 2 ディスプレイオプション 1

Fitbit Charge 2 ディスプレイオプション 2

Fitbit Charge 2 ディスプレイオプション 3

Fitbit Charge 2 ディスプレイオプション 4

個人的にも嬉しい変更はバンドが交換できるようになった事です。

先行して発売されたBlazeAltaはバンド交換ができるデザインでしたが、やっとCharge 2でもバンド交換ができるようになりました。

これで、気分・服装・イベントに合わせてオシャレができるようになりました。

Fitbit Charge 2 バンド交換

アクティビティ管理機能

SmartTrack(エクササイズ自動認識)

MisfitやJawboneにもあるエクササイズ自動認識機能ですが、精度はFitbitがダントツでです。

詳しくは「Fitbit Charge HRとSurgeにエクササイズ自動認識機能(スマート・トラック)が凄い!」記事をご覧いただきたいと思いますが、このように「ランニング」「ウォーキング」だけではなく、「サイクリング」でのエクササイズも認識してくれて、さらに自動で分類もしてくれます。

Fitbit Charge 2 スマートトラック 自動認識

モバイルラン機能

Charge HRでは、アプリを開かないとGPSを使ったモバイルラン機能は使えませんでしたが、Charge 2は、トラッカーから「ランニング」を選択すると、自動的にスマホに接続し、GPSを使って経路情報・正確な距離・速度情報を測定してくれます。

Fitbit Charge 2 アクティビティ詳細 経路 地図

また、下記のように1キロずつのスプリット速度も測定してくれます。

Fitbit Charge 2 アクティビティ詳細 スプリットペース

その他、エクササイズ中の心拍数の推移や消費カロリーの推移もグラフ化してくれますので、とてもわかりやすいです。

Fitbit Charge 2 アクティビティ詳細 心拍数の推移

Fitbit Charge 2 アクティビティ詳細 消費カロリーの推移

ただ、アプリからモバイルラン機能を起動すると、走った距離や速度を音声通知機能で知らせてくれますが、トラッカーから起動した場合は、音声通知機能は使えませんでした。

ちなみに音声通知機能は下記のように自由にカスタマイズする事ができます。

Fitbit Charge 2 アクティビティ詳細 音声通知

歩数データをJawbone UP3と比較

一週間のデータを平均するとそこまで差は出ませんでしたが、日によって差がある日がありました。

1日のエクササイズがウォーキング・ランニング中心の日は、Charge 2とJawbone UP3との差がほとんどありませんでしたが、キックボクシングやサイクリングなどのエクササイズをした日はかなり差がありました。

日付Charge 2UP3
9/28 20,814 20,402
9/2716,17615,214
9/2618,54717,535
9/2521,30720,544
9/2429,37029,244
9/2317,35012,266
9/2218,25115,924
平均 20,259 18,733

Fitbit Charge 2 歩数 週平均

Jawbone UP3 歩数 週平均

運動促進通知

Charge HRBlazeAltaにもある機能ですが、指定した時間帯に、1時間毎に 250 歩を歩くのを促す通知を送ってくれます。

Fitbit Charge 2 運動促進通知 設定

Fitbit Charge 2 運動促進通知 ダッシュボード

ガイド付き呼吸セッション機能

リアルタイムに計測された心拍数をもとに、呼吸セッションをガイドし、瞑想を手伝ってくれる機能です。

Fitbit Charge 2 呼吸セッション

Fitbit Charge 2 呼吸セッション中

最近アメリカではマインドフルネスというメンタルケアが流行っており、正しい呼吸で瞑想する事により、血圧を下げたり、ストレスを軽減したり、不安症を解消したりする効果が確認されています。

新しく追加されたこの機能でぜひカラダのケアだけではなく、メンタルのケアを行いましょう。

通知機能

Charge HRも着信やテキスト・カレンダー通知機能はありましたが、表示できる文字数に制限があったり、日本語表記ができず、イマイチ使えませんでしたが、Charge 2では日本語対応されましたので、日本語で通知が表示できるようになり、少し便利になりました。

Fitbit Charge 2 日本語化

これで携帯を鞄やバックの中に携帯を入れていて、仕事の電話を取り逃すという事はなくりました。

自動睡眠記録

ベットの中で本読んだりしなければ、かなり正確に就寝・起床時間を検出できていました。

ライバル製品のJawbone UP3との検出精度を一週間分比較してみましたが、どちらもかなり正確でした。

 日付Charge 2UP3
9/277時間11分7時間25分
9/266時間59分6時間51分
9/255時間3分5時間1分
9/246時間31分6時間33分
9/238時間5分8時間7分
9/226時間48分6時間23分
9/216時間46分6時間39分
平均6時間49分6時間43分

Fitbit Charge 2 平均睡眠時間

Jawbone UP3 vs Charge 2 平均睡眠時間

驚いたのは、Charge 2は昼寝も検出してくれていました。

バッテリーの持ち

仕様では、バッテリーの持ちは5日間と記載していますが、フル充電からなんと一週間近く持ちました。

またCharge 2では新しい充電方式になりました。

Fitbit Charge 2 充電器

Charge HRはクイックビューなどの機能追加で、充電は3~4日間しか持ちませんでしたが、Charge 2は容量が大きくなったのか、効率よく電力を消費できるようになったのか、充電の持ちが長くなったのは、手間が減って、とても便利になりました。

ちなみに、同じ日にフル充電を行ったJawbone UP3は6日間で要充電通知が出ました。

まとめ

すでにCharge HRを持っている人なら、「オシャレでバンド交換をしたい!」という人以外は、$149.95(約15,000円)払って買い換えるほど目新しい機能はないかもしれません。

これからフィットネストラッカーを購入予定で、テニス・サイクリング・ヨガ・ウェイトトレーニングといったウォーキングやランニング以外のエクササイズをする方は、心拍計を使って正しい消費カロリーを計測できるCharge 2はぜひオススメです。

ウォーキング・ランニングが中心なライトユーザーは、デザインもオシャレで価格も$129.86(約13,000円)でリーゾナブルなAltaがオススメです。

購入をご検討の方へ

Fitbit Charge 2

Fitbit Charge 2

Amazon.co.jpで買う

Amazon.comで買う

Fitbit Alta

Fitbit Alta ピンクレザーバンド 交換してみました

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う