Fitbit Charge HR アップデートがあった新機能のレビュー

6月にCharge HR本体のファームウェアバージョンのアップデートと、7月のアプリのバージョンアップデートでいくつか新機能が追加されました。

今回はそれらの新機能をレビューしていきたいと思います。

クイックビュー機能

Fitbit Charge HR クイックビュー

個人的には非常に気に入りました。感度がなかなか良く、表示までの時間も短いので、時間を見たい時に、腕を傾けるだけ良いので、とても便利です。

エクササイズモード時は、エクササイズ時間を表示してくれますので、どれくらい時間が経ったかを、ボタンを押さずに確認できます。ジョギング中など、腕を傾けるだけで、どれくらい走ったかすぐに確認できますので、これも非常に便利です。

マイナスな点は、感度が良すぎて、意図していない時にもディスプレイが表示されている時があり、気持ちバッテリーの減りが早くなった気がします。最近では3日に1回充電するようになりました。

ただこの機能を使わない人は、オフにできますので、充電の持ちが気になるようであればオフにする事をおすすめします。

Fitbit Charge HR クリックビューモード

エクササイズモード終了のサマリーデータの表示

この機能で、エクササイズモードを終了すると、アプリに同期しなければ確認できなかった、エクササイズのサマリーデータが表示されるようになりました。

表示されるデータは下記の5つです。

  1. 平均心拍数
  2. 消費カロリー数
  3. 歩数
  4. 距離
  5. 登った階段数

エクササイズ中に、ジムなどで携帯が手元にない時は、エクササイズした後にこれらのデータがすぐ確認できますので、「目標消費カロリー数に達していなかったから、もう少しエクササイズを続けよう」なんて時に使えて、これもなかなか便利です。

睡眠目標設定機能

Misfit ShineやJawbone UP24/UP2/UP3では初期バージョンからあり、逆になぜいままでなかったのかと疑問に思う機能ですが、睡眠目標を設定できるようになりました。

Fitbit Charge HR 睡眠目標設定機能

目標を達成するとアプリのダッシュボードページでアイコンが緑になり、「すごい、目標達成!」と表示されるようになりました。

Jawboneアプリのスマートコーチ機能みたいに、叱咤激励してくれたり、豆知識を教えてくれる訳ではありませんので、少々物足らなさはあります。

Fitbit Charge HR 睡眠目標達成

ただ、睡眠管理グラフが少し見やすくなったので、ここは少し嬉しいアップデートでした。

Fitbit Charge HR 睡眠目標紹介

Fitbit Charge HR 睡眠管理詳細