FitbitがオシャレでJawboneを超えた!?オシャレと機能性を兼ね揃えた「Alta」を発表

Fitbit Alta

先日スマートウォッチ型のBlazeを発表したばかりのFitbitですが、またまた新製品「Alta」を発表しました。

今までのモデルは、ファッション性ではJawbone、Misfit、Withingsといった競合に引けを取っていた感じですが、「Alta」は、Blazeと同じようにバンドの取り替えが可能で、その日の服装や気分でバンドの色や種類を交換できるファッション性と「Charge(心拍計がないモデル)」の高い機能性を兼ね揃えたFitbit期待のモデルです。

2016/3/29 更新

手元に届いたFitbit AltaをMisfitの新商品のRayJawbone UP3と比較しながらレビューした記事は「Fitbit Alta ファッション性で勝負!Misfit RayとJawbone UP3と比較レビュー」からご覧ください。

misfit ray vs fitbit alta vs jabwone up3 サイドビュー

Altaの機能

タッチディスプレイ

ディスプレイをタッチすると時間、歩数、消費カロリー、歩いた距離を表示してくれます。Jawbone UP2/UP3/UP4はアプリを起動しないと歩数や目標達成率が確認できませんが、FitbitのCharge HRSurgeBlaze、そしてこのAltaもディスプレイ機能でこれらの情報を確認する事ができます。

おそらくAltaにもCharge HRに搭載されているクイックモード(傾けるとディスプレイが自動で起動する機能)が付いていますので、時計としても使用でき、とても便利です。

アラート機能

Charge HRと仕様が同じだと、バイブレーションで起こしてくれたり、アラートしてくれる機能を8つ登録する事ができます。

時計のアラームとは違い、音が鳴らないので、周りに迷惑がかからないので、個人的にはとても重宝している機能です。

Fitbit Alta アラート

自動睡眠認識機能

自動で就寝した時間、起床した時間を認識してくれる機能です。どれくらい睡眠したかだけではなく、「深い眠り」「浅い眠り」「目覚めた状態」と3種類の睡眠状態が把握する事ができます。

Fitbit Alta 自動睡眠認識機能

通話・テキスト通知機能

電話がかかってきたり、SMSテキストを受け取った時に通知してくれる機能です。しかし、残念ながら、メールやLINEといったアプリの通知には対応していません。

Fitbit Alta 通話・テキスト通知

エクササイズ自動認識機能

Fitbitの目玉機能の一つですが、

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 野外サイクリング
  • エリプティカル
  • スポーツ
  • エアロビックワークアウト

といったエクササイズを自動認識してくれる機能です。「Fitbit Charge HRとSurgeにエクササイズ自動認識機能(スマート・トラック)が凄い!」で、自動認識の精度をJawbone UP4とも比較して検証しましたで、詳細はこちらをお読みいただきたいですが、ものすごく精度が高く便利な機能です。

しかし、Altaは心拍計が搭載されていないので、Charge HRSurgeよりは精度は落ちる事が予想されます。

Fitbit Alta スマートトラック

非活動時間が長いとアラートしてくれる機能

この機能はAltaで初めて搭載された機能で、体を動かしていない時間が長いとアラートしてくれる機能です。

Jawbone UP2/UP3/UP4にはあった機能ですが、今回初めてAltaで搭載されました。

気づけば、「仕事で3時間も席に座ったままだった」なんてよくある事ですので、このアラート機能を使って、定期的に席を立って、体を動かして、カロリーを消費しやすいカラダを保ちましょう。

Fitbit Alta リマインダー機能

充電の持ち

最大5日充電が持つという事ですが、Charge HRのようにクイックモードなどを多用すると3日くらいしか充電が持たないという可能性がありますが、心拍計が四六時中動いているわけではないので、仕様通り5日くらいは持って欲しいところです。

取り替え可能なバンドの種類

クラッシク

色の種類は4種類で価格は29.95ドル(3500円程度)

ブラック
Fitbit Alta クラッシク ブラック
ブルー
Fitbit Alta クラッシク ブルー
プラム
Fitbit Alta クラッシク プラム
ティール
Fitbit Alta クラッシク ティール

ラグジュアリー

色の種類はレザー製が2種類で価格は59.95ドル(7000円程度)。ステンレススチール製は色の種類は1種類で価格は99.95ドル(1万1500円程度)。

グラファイト レザー
Fitbit Alta グラファイト レザー
ブラッシュピンク レザー
Fitbit Alta ブラッシュピンク レザー
ステンレス
Fitbit Alta ステンレス

結論

本体価格が$129.99(1万4000円程度)で、オシャレ用にレザーバンドを買うと追加で59.95ドル(7000円程度)かかりますので、決して安くはありません。

機能性が一番高いCharge HRは、少しファッション性にかけていて「どんな服装にも」という訳には行きませんでしたので、消費カロリーを正確に把握できる心拍計機能を諦められ、オシャレを気にする方で、Jawboneより高い機能性を持つFitbitが欲しいかった!という人にはピッタリのモデルだと思います。

オフィシャルプロモーション動画

購入をご検討の方へ

Fitbit Alta ピンクレザーバンド 交換してみました

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う