海外の人気サイトのふくらはぎ痩せ11ハウツー

superskinnyme

今回は海外で月間300万ものユーザーが訪問する人気ダイエットサイトSuperSkinnyMe.comに掲載されていたふくらはぎ痩せハウツーをご紹介したいと思います。

ふくらはぎ痩せハウツー

転載元記事:How to Slim Calves

1. 踵を低く保つ

踵を低く保つ事と足の中足で歩かない事を心がけましょう。

2. ふくらはぎ痩せと脚の美脚化のために走る

走る事は、脚とふくらはぎ痩せをするためのとても強力のツールです。短距離走と長距離走の選手を比較すると、長距離走の選手はとても細い脚を持っていますが、短距離走の選手はふくらはぎと太ももの筋肉がとても発達していますね。

ゆっくり、そして長い距離を走りましょう。

脚痩せや、太ももとふくらはぎの筋肉を小さくするためには、できるだけ負荷がかからない有酸素運動をしましょう。傾斜がない平面を走ったり、ジムのマシーンを利用する時は、傾斜設定を低くしましょう。

長距離走は、ふくらはぎの筋肉のサイズを小さくし、脂肪組織を減らします。主にこれらがふくらはぎを太くしています。

要は、時間をかけて距離を長く走る事によって、ふくらはぎの脂肪と筋肉量を落とし、ふくらはぎを細くする事ができます。

3. 脚の筋肉を使う強化、体力、速さと名のついたアクティビティは避ける

これらのアクティビティは太い筋肉を作ってしまいます。強度の高い有酸素運動、負荷をかけたエクササイズ、例えばトレッドミルで傾斜角度を高くしたりすると、ふくらはぎを発達させ、ふくらはぎが太くなってしまいます。

4. 高負荷なジャンプ運動は避ける

なわとびといった高負荷なジャンプ運動は避けましょう。水泳、ウォーキング、クロストレーニング、エリプティカルマシンは、ふくらはぎ痩せに最適です。

とくにエリプティカルマシンは低負荷有酸素運動をするためにとても良いマシンです。でも、負荷はかならず低く設定してください。

負荷を高くして、カロリーを消費するのでなく、できるだけ長い時間エクササイズするようにして下さい。

5. ステップマシンやその他の昇降エクササイズは避ける

これらのエクササイズはふくらはぎの筋肉を大きくする効果があります。。覚えておいてください。目的はふくらはぎに筋肉をつけるのではなく、ふくらはぎの筋肉を落とす事です。

6. レジスタンス・ウェイトトレーニング

レジスタンスト・ウェイトトレーニングといったトレーニングは一切しなくて良いです。

レジスタンス・ウェイトトレーニングはふくらはぎの筋肉量を増やす事を主目的としています。これらのエクササイズは、決してふくらはぎは細くさせる事はありません。

覚えておいてください。「部分痩せ」なんてものは存在しません。

ふくらはぎの脂肪を落としたかったら、ダイエットか有酸素運動、またはリポサクションをするしかありません。

ふくらはぎのあたりの脂肪だけを落とすエクササイズなんて存在しません。

7. ストレッチは大きな筋肉を長く細くする

ストレッチは大きくなった筋肉を伸ばします。スレッチクラス、ヨガ、ピラティスをしましょう。

ウォールプッシュアップ運動は、ふくらはぎの筋肉を伸ばすとても良いストレッチです。

8. ピラティス

ピラティスは、エレガントで美しいふくらはぎ、脚、そしてカラダを作るためにとても良いです。

9. 踵回転運動

この踵回転運動を交互に6回行いましょう。

10. ふくらはぎを太くする原因を知る

ふくらはぎを大きくしている原因を知りましょう。*後日翻訳してご紹介します。

11. 脚やせハウツーを学ぶ

もっと脚やせハウツーを学びましょう。