腹筋ローラーで腹筋は6つに割れるの?ホントに効果あるの?

今や知らない人がいないくらい有名なエクササイズ器具の腹筋ローラー。2015年のアマゾンランキングでも、なんと腹筋ローラーがフィットネスカテゴリーで大賞1位でした!

ランキング大賞1位「XYSTUS スリムトレーナー」

XYSTUS スリムトレーナー TR H-7218

でも、

「ホントに腹筋ローラーで腹筋って割るの?」
「他の腹筋エクササイズと比べてどれくらい効果があるの?」

今回は、そんな疑問について説明していきたいと思います。

腹筋ローラーのセオリー

実はあまり知られていませんが、腹筋ローラーの重要な機能は、腹筋を鍛えるためだけではなく、コアを鍛える事です。

安定したコアは、すべての身体アクティビティを助け、エクササイズによる怪我のリスクを減らします。

我々の背骨は、バランスのとれたコアマッスルにより、最適な位置を維持します。この安定した背骨の位置から、正しい姿勢を保持し、重心がしっかりした状態を作り、手足の筋肉を効果的に動かします。

腹筋ローラーは、腹筋を対象にした運動だけではなく、ローラーを前に転がす時、曲がった背中を伸ばすために背筋を含む複数の筋肉を使う事により、力強いコア作りをします。

コアマッスルとは

コアマッスルとは、腰回りの円筒形を取り囲む前部(腹横筋や腹筋群)、後部(腰方形筋、多裂筋、脊柱起立筋)、上部(横隔膜)、下部(骨盤底筋)、を指すます。

腹筋ローラーの利点

腹筋ローラーの最大の利点は、腹筋を6つに割る事ではなく、コアマッスルがすべて協調された動きにより、筋肉がまとまって形で収縮運動がされる事により、安定して力強いコア作りができる事です。

もちろん腹筋を6つに割るための筋トレ効果もあり、クランチ、シットアップと比較すると、20~30%の効果があります。

また腹筋ローラーは、背骨を安定させて、腕を伸ばしていく運動なので、腹筋の使われ方が、より自然な点も効果が高い理由の一つです。

他にも下記の利点があります。

  1. 効果の高いエクササイズ器具としては安く購入できる
  2. 大きくないので邪魔にならない、収納に困らない
  3. 場所を選ばず、どこでもエクササイズできる
  4. コアマッスルと腹筋以外の筋肉も鍛えられる

腹筋ローラーで鍛えられる筋肉

  1. 腹直筋
  2. 外腹斜筋
  3. 背中(脊柱起立筋、広背筋)
  4. 腕(上腕三頭筋・三角筋)
  5. 胸筋
  6. 肩(三角筋)

腹筋ローラーの欠点

筋肉がない人、力の弱い人は怪我をしてしまう恐れがある事です。

正しい姿勢でエクササイズを行うためには、ある程度強いコアと肩の筋肉が必要で、間違った姿勢でエクササイズした場合は、骨盤は歪んだ状態になり、腰が曲がり、腰を痛めてしまいます。

また、背筋が極端に弱かったり、股関節屈筋(股関節の周りの筋肉)が硬いと、エクササイズ時に腹部のかかる重力の影響を抵抗できず、無理な形で腰が曲げられ、これも腰痛の原因になります。

腹筋を割る事だけを考えると、他にも効果の高い腹筋エクササイズがある。

例えば、腹直筋(腹筋が割れて見える上の部分)への効果だけを見ると、バイシクルクランチやエクササイズボールクランチは、腹筋ローラーの30~140%の効果があると言われています。

バイシクルクランチ

エクササイズボールクランチ

どの腹筋ローラーがオススメ?

筆者オススメはズバリ「パーフェクト フィットネス アブ カーバー プロ」です。

Perfect Fitness Ab Carver Pro Product Image

この腹筋ローラーは他の物より少し割高ですが、腹筋ローラーの欠点、「筋肉の弱い・力の弱い人は正しい姿勢でエクササイズできない、怪我をしてしまう恐れがある」の心配がないからです。

詳細は、米国アマゾンと日本アマゾンでベストセラーの腹筋ローラーを比較レビューした記事「腹筋ローラーレビュー〜5歳児でも正しい姿勢でできる腹筋ローラー〜」をご覧ください。