Jabra Elite 65t vs Bose SoundSport Free vs Apple AirPods比較レビュー

Amazonでトップセラーの完全ワイヤレスBose Sound Sport FreeとJabra Elite 65t!一体どっちがいいの!?

発売後もずっと安定した人気を誇っているApple AirPodsとも比較しながら、徹底レビューをしていきたいと思います。

さすがハイエンドブランドのBoseとJabra。高級感溢れるパッケージングです。

付属品

SoundSport Freeにはイヤフォン本体、充電ケース、LとSのイヤーピース、充電ケーブルが付いています。



Elite 65tも中身を同じで、イヤフォン本体、充電ケース、LとSのイヤーピース、充電ケーブルが付いています。

デザインのつけ心地

こうやって並べてみたらわかりますが、SoundSport TrueはElite 65tと比べると一回り大きいのがわかりますね。

重量もSoundsport Trueが左右各で9グラム、Elite 65tが右6.5グラム・左5.8グラム、Apple AirPodsが左右各で4グラムで、SoundSport TrueはAirPodsのほぼ2倍の重量があります。

SoundSport Trueは少し大きめで、耳からかなり出っ張っていますし、重さもあるんですが、カナル近くのウイング部分がうまく内耳に固定されますので、付け心地はかなり良く、ランニングはもちろん、ボクササイズのシャドーボクシングみたいな頭を振るエクササイズでも、まったく外れません。

Elite 65tは耳にフィットさせるのに少しコツはありますが、ねじ込むように回しながら入れると全体がすっぽりと耳にはまりかなり良いフィット感です。同じようにかなり激しいエクササイズでも問題ありません。

一番簡単に外れそうなAirPodsですが、意外や意外。これが結構外れそうで外れないんです。しかし、SoundSport TrueやElite 65tのホールド感はなく、シングルタップ・ダブルタップで音楽をスキップすると、時々取れそうになります。

操作インターフェイス

SoundSport Trueの操作インターフェイスは左にBluetoothボタン、右に音量操作に多機能(Multifunction)操作ボタン。

Elite 65tは左に音量ボタン、右に多機能(Multifunction)ボタンなので、この2つの操作性ほどんと変わりません。更に、Elite 65tはAmazon Alexa・Siri・Google Assistant対応なので、多機能は長押しで音声アシスタントを起動できます。

AirPodsにはボタンはありませんが、イヤフォンをダブルタップする事で、予め登録していた操作(Siri・再生/一時停止・次のトラック・前のトラック)を起動できますが、両方のイヤフォンを使って、2つの操作しかできませんので、SoundSport TrueとElite 65tと比べる少し操作性が落ちますね。

気になる音質は!?

Boseといえば重低音の響きの良さ!SoundSport Trueがダントツ1位かと思いきは、Elite 65tとの音質の違いはほとんどなく、若干SoundSportの低域の量感は良いですが、これもElite 65tアプリのエコライザーを使いベースを上げると、何回も付け替えて聞き比べないとほとんど差はわかりません。

SoundSport TrueとElite 65t共に高音質コーデックAACに対応していますので、すべての音域での解像度が非常に高く、すでにイヤフォンの品質を飛び抜けていて、EDMやアゲアゲのPOPやHip Hopを聞くと、最高にテンションが上がり、エクササイズもモチベーション高くできます。

AirPodsはカナル型のデザインではないので、どうしても低域はSoundSport TrueやElite 65tほどの分厚さはありませんが、この2つの比べなければ、すべての領域でとてもクリアな音質を再現できており、中低音域での音の厚さもなかなかの物です。

音漏れテスト

音漏れテストでは、Elite 65tが1番でした。結構音量を上げても、まったくと言って良いほど音漏れはありませんでした。

次に音漏れが少なかったのは、なんとAirPodsでした!てっきりElite 65tと同じカナルタイプのSoundSport Trueかと思いましたが、AirPodsの音漏れが非常に少なく、かなり静かな所ではないと聞き取れないほどでした。

予想に反してがっかりだったのが、SoundSport Trueで、かなり音漏れがあり、電車の中で大音量で聞いてると、シャカシャカと少し周りが気になるレベルでした。

充電の持ちとケースのデザイン

どのモデルも一回の充電で連続5時間の再生ができ、充電ケースでフル充電が2回、合計15時間の再生もすべてのモデルで同じ仕様です。

また、15分の充電で、45分再生という仕様もまったく同じです。

ケースのデザインは、並べてみたら一目瞭然ですが、SoundSport TrueのケースはElite 65tとAirPodsのほぼ2倍の大きさで、ポケットに入れると少しかさばる感じです。

Elite 65tもかなり小ぶりですが、AirPodsはほんとコンパクトなデザインで、まったくかさばらないので、持ち運びはとても便利です。

iPhoneとペアリングすると、どのモデルの充電の残量も表示され、とても便利です。

防水防塵性能

Elite 65tはIP55なので、試しに装着したままシャワーを浴びてみましたが、まったく問題なく、そのまま調子ににのってお風呂に入り、ゆったりと好きな音楽を聞く事もできました。

Soundsport TrueはIPX4(雨水や雨から耐えうる防滴レベル)なので、シャワーでも問題ありませんでしたが、お風呂は怖くて試せませんでした。

AirPodsは残念ながら防水防塵性能ありませんが、使い始めて一年ですが、多少の汗ではまったく動作不良を起こしたり、故障する事はありません。

Elite 65tだけの機能

マルチペアリング・マルチポイント

同時に2台の端末に繋げることができ、使いたい端末でワンタッチするだけでその端末で使用することができまので、エクササイズ中はスマホ、帰ってきたらPCでという事もでき、なかなか便利な機能です。

外音取り込み機能:HearThrough

個人的にはElite 65tの目玉機能のノイズキャンセル機能です。

ボタンを2度押す事で、周囲の音を取り込むHearThrough機能をONにすることができ、外でのアナウンスを聞くとき、交通量が多い場所で周囲を気をつける時など音楽を聴きながらも周囲の音をイヤホンを取ることなく確認できます。

ジムエクササイズしている時はOFFで、公園でランニングしている時はONと使い分けができ、とても便利です。

また専用アプリで自分の状況に合わせて外音の取り込みなどの設定を細かく選択することもできます。

自動再生・停止機能

AirPodsの機能ですが、Elite 65tも対応しており、耳から外すと自動で停止・つけると再生できます。

NFMI(Near Field Magnetic Induction)機能

Elite 65tはNFMIを搭載しており、通常の完全ワイヤレスイヤフォンより接続が安定しているとの事ですが、SoundSport TrueもAirPodsも接続に関してはまったく問題なく、左右の音ズレもありませんでし、この点に関しては比較しても利点があまり感じられませんでした。

それで結局どれがオススメ?

SoundSport Freeの定価は25,920円、Elite 65tは24,980円、AirPodsは16,800円。

Amazonでは、Elite 65tは定価から3,000円安く購入できますが、SoundSport Freeとほぼ価格の差がありませんので、音質・機能・デザインでどちらが良いか?という事になります。

結論から言いますと私のオススメはJabra Elite 65tです。

ポイントは、音質ではほとんど差がなく、両方ともすべての音域でクリアで重低音も飛び抜けて素晴らしいですが、Elite 65tはアプリで個人の好みに変更できる事、そしてノイズキャンセル機能のHearThroughにより街中の外音の取り込みができる事、耳からの出っ張りもなく、スッキリとしたデザイン、重量も軽く、コンパクトなケース、お風呂でも装着可能なIP55の防水防塵性能でした。

もはや「Boseといえば最高峰の音質」とは言えず、価格も安くここまでBoseを超える多機能を搭載したJabraは本当に素晴らしいです。

購入をご検討の方へ

Bose SoundSport Free

Bose SoundSport FreeAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

Jabra Elite 65t

Jabra Elite 65tAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

Apple AirPods

Apple AirPodsAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う