Jawbone UPアプリの進化の先に見えるUP3への期待

1月に先に発売されたFitbit Charge HRSurgeといった心拍計搭載のライバル商品の人気が高く、品切れ状態が続いている中、防水加工の問題で、発売が遅れているJawbone UP3ですが、UP/UP24/UP MOVE/UP2用のアプリの進化の勢いが目覚ましく、おそらく同じアプリがベースとして使われるUP3へ発売を期待してやみません。

Jawbone UP24 赤

きっと皆さんも、これからご紹介する、1年間に改善されたアプリの機能を見ていただければ、UP3への期待も高まるはずです。

体に良い物を食べていますか?フードスコア機能

ほとんどの食事管理アプリはダイエットのための摂取カロリーの計算や成分計算はしてくれますが、Jawbone UPアプリはそれだけではなく、食べた物がどれだけ良いかのフードスコアをつけれてくれます。

さらに食べた物の成分の何が体に良いか・悪いかをアイコンで視覚的にわかりやすく表示してくれます。

塩分アイコンが100%を超えて、真っ赤っかになっていると、今度から少し控えよう、と思い、ダイエットだけでなく、食生活の改善もできるようになります。

Jawbone UP フードトラッカー

Jawbone UP フードスコア

睡眠モードを有効するのを忘れちゃった!大丈夫です

仕事に疲れてそのまま寝ちゃった、子供の寝かしつけの時に一緒に寝ちゃって、睡眠モードを有効にするのを忘れちゃった、って事は良くあります。

でも、大丈夫です。

アプリに「昨夜睡眠モードを有効にしていませんでしたね。睡眠を追加してください。」と表示され、タップすると、下記のように、就寝・起床したと思われる時刻を予測し、表示してくれます。

手動でも微調整できますが、なんとこれがほとんど合っていて、手動で入力する必要がありません。

Jawbone UP 睡眠トラッカー

UP3は、心拍計も使った睡眠分析で、レム睡眠・浅い眠り・深い眠りと、3段階で睡眠の質を分析できるようになるという事ですので、これからどう進化するか楽しみです。

自分の好みのフィットネス・健康アプリを使いたい

どのアプリに得意分野があります。

Wifiで簡単に体重管理ができるWithings、最大食品データ数300万以上の食事管理(ダイエット)アプリのMyFitnessPal、携帯のGPS機能を使ったランニング・ウォーキングアプリのRunKeeper。

やはり、ユーザーとしては、それぞれのアプリの特徴を活かして組み合わせて使いたいものです。

Jawbone UPアプリはこれらのアプリ以外にも、たくさんのアプリメーカーとパートーナシップしており、自分の好みのアプリとの連携が簡単にでき、さらにそれらのアプリで収集したデータを効果的に使い、健康管理・アドバイスをしてくれます。

Jawbone Withings MyFitnessPal 連携

Jawbone UP RunKeeper

運動したってなんで知ってるの?スマートコーチ機能

UP3では、アクティビティ学習機能搭載され、どういうエクササイズをしたのか、区別できるようにより、活動量計と心拍計を使い、よい正確に消費カロリーの計算ができるようになるという事ですが、UP24の活動量計もなかなかの物です。

少し早歩きをしたり、走ると、こうやってスマートコーチがエクササイズした事に気づいてくれて、自分でエクササイズの種類を選ぶ事により、消費カロリーの計算を割と正確に計算してくれます。

UP3はこれを自動でやってくれるのなら、さらに楽になりますよね。

Jawbone UP アクティビティトラッカー

Jawbone UP スマートコーチ

UP3に期待大!でもアプリの改善でUP24もなかなか!?

このようにJawbone UPアプリは今も進化しており、心拍計・温度計搭載予定のUP3への期待が高まりますが、UP3の発売予定でAmazon.comだと1万円以下で購入できるようになったUP24でも十分満足できます。

まずはウェアラブルを高いお金を出さずに試してみたい、オシャレアイテムとして流行り物を使ってみたい、という人はUP24でも十分良いかもしれませんね。

★購入を検討の方

Jawbone UP24Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

*Amazon.comは日本への直送も行っているので、こちらから購入したほうが、送料も含めて、比較的安く購入できます。8~11営業日で配達という事で、そこまで時間もかからないみたいです。

Amazon.comからご購入を検討の方はこちらから

男性向け
女性向け