Jawbone UP3 なぜ心拍計と他のセンサーをうまく使わないの?

Jawbone UP3 スペック

心拍計とその他のセンサーが使われてない!?

Jawbone UP3の製品詳細・仕様ページには下記のセンサーが搭載されていると書いてあります。

  • 3 軸加速度センサー
  • バイオインピーダンス
    • 心拍数
    • 呼吸
    • 電気皮膚反応(GSR)
  • 皮膚温度
  • 周囲温度

ついに出ました!心拍計を搭載したJawboneのUP3をレビュー」記事でも書きましたが、心拍計は、本来の目的である活動量や消費カロリー量の計算に使われていません。

2015/9/21 更新9/8にファームウェアの更新があり、ようやく心拍計が一日を通して動作し始めました。

Jawbone UP3 ファームウェアアップデート

新しく更新されたJawbone UP3のレビュー記事「Jawbone UP3アップデートで機能更新!心拍計もより改善!」も合わせお読み下さい。

また、呼吸数、電気皮膚反応(GSR)、皮膚温度、周囲温度のデータも、アプリには一切表示されておらず、消費カロリー量の計算に、それらのセンサーが使われている様子もありません。

Jawbone UP3 消費カロリー

ここまでウェアラブル業界をリードしてきたJawbone社の事だから、アプリの開発が遅れていて、後でもっと効果的に活用する予定があるのか、疑問に思い、カスタマーサポートに問い合わせしてみました。

「何にセンサー使っているんですか?」Jawbone社カスタマーサポートの回答

こんな回答が帰ってきました。

The data for the bioimpedance, respiration rate, galvanic skin response, accelerometer, skin temperature and ambient temperature can not be found in the app, but the resting heart can. The bioimepedance, accelerometer, skin temperature, ambient temperature are only the four sensors that make up the multi-sensor pack that track your steps and your sleep. While we have initially focused on resting heart rate for UP3, we will offer “passive” and “on-demand” heart rate readings in the near future.

バイオインピーダンス計、呼吸数、電気皮膚反応、加速度計、皮膚温度、周囲温度といったデータは、アプリ内では確認する事ができません。

しかし、安静時心拍数は確認する事はできます。

バイオインピーダンス計、加速度計、皮膚温度計、周囲温度計は、歩数と睡眠を管理するために搭載された4つのセンサーからなるマルチセンサーパックです。

弊社は、まずUP3で安静時心拍数の計測をできるようにしました。そして今後、心拍計に「受動的モード」と「オンデマンドモード」を選べるようにさせる予定です。

センサーは歩数と睡眠管理にしか使われていない

今後、心拍計をより活用する予定はあるみたいですが、やはり新しく搭載されたセンサーは、主に睡眠管理でしか使われていないようです。

確かに睡眠時に関する情報は豊富ですが、これではせっかく搭載されたセンサーがもったいなです。

Jawbone UP3 安静時心拍数

Jawbone UP3 睡眠管理機能

心拍計は、Fitbit Charge HRのようにエクササイズ時に動作すれば、ウェイトトレーニング、ヨガ、ピラティスのような歩数ベースではないエクササイズの消費カロリーも計測できますし、周囲温度と皮膚温度がわかれば、体温の上昇による基礎代謝の増加も消費カロリー計算に加える事もでき、より正確な消費カロリーの管理ができるようになります。

また、電気皮膚反応(GSR)は、一般的にストレス度のチェックなどにも使われておりますので、スマートコーチで、ストレスが溜まっていれば、注意を促す事もできます。

Jawbone UP3 スマートコーチ パーソナライズ アドバイス

素人が考えても、これらのセンサーで計測されたデータの有効活用方法が考えつきます。

UP > UP24 > UP2と、素晴らしい進化を遂げてきたのに、とても残念です。

しかし、幸い計測データの活用部分はソフトウェアの部分なので、これからアプリのアップデートで改善していけます。

ぜひJawbone社の今後の改善に期待をしましょう。

ウェアラブルの活動量計をご購入を検討の方

残念ながら心拍計搭載のJawbone UP3はオススメできませんが、いろんなエクササイズの消費カロリーを正確に把握したい人は、Fitbit Charge HRがオススメです。

Fitbit Charge HRAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

主にウォーキングやジョギングといった歩数ベースのエクササイズが多い方は、UP3のほぼ半額で買えるUP2がオススメです。

Jawbone UP2 Activity TrackerAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う