美脚効果、下半身ストレッチダイエット

下半身ストレッチ

今回ご紹介するのは、「脚やせ効果抜群!スクワットで太ももとふくらはぎ痩せ方法」や「お尻をキュッとヒップアップ!美尻作りエクササイズ」で紹介したスクワットの後に、筋肉が太く·硬くならないよう、美脚をつくるための太もも前(大腿四頭筋)とふくらはぎ(腓腹筋とヒラメ筋)のストレッチです。

太ももストレッチ

また、スクワットの後に筋肉をほぐすという目的の他に、血液の循環を良くする事もダイエットには重要です。

太ももには非常に大きな筋肉があり、大量の血液が流れています。「痩せない」という人の多くは、この血巡りが悪くなっていることが多く、その結果、脂肪の代謝が低下していたり、老廃物がたまりやすくなっていたりと太りやすい状態になっていますので、このストレッチで血液の循環を良くしましょう。

ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎは「第二の心臓」といわれるくらいに重要な筋肉です。動脈は心臓の拍動で血液が流れますが、末端から心臓に戻る静脈は、筋肉の動きによって流れます。筋肉の収縮·弛緩というポンプ運動による血液は心臓に送り返されます。その中でも、心臓から下肢(足)の血液を流すのが、ふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉を整えることで、全身の血流がよくる事で新陳代謝が活発になり、体が引き締まってきます。また、血液の流れがよくなることで、腰痛、ひざ痛なども緩和され、こむら返りもなくなります。下肢に溜まった血液や水分も戻されるので、むくみも解消します。