Powerbeats 3レビュー〜Appleのテクノロジーが搭載された高音質ワイヤレスイヤホン〜

Appleが2014年のBeatsを買収後、新しく刷新したBluetoothワイヤレスイヤフォンのPowerbeats 3を発売しましたので、さっそく前のモデルのPowerbeats 2と比較しながらレビューしていきたいと思います。

Powerbeats3 パッケージ

デザイン

やはり最初のインプレッションは、「選択できる色の種類」「製品のカラーリング」「デザイン」「装着感」、すべてにおいてBeatsブランドらしいオシャレな製品だな、と感じました。

もともとBeatsの製品は高音質のこだわりに加えて、デザインが洗練されていて、アクセサリーとして身につけてもオシャレなんですが、Powerbeats 2の発売後、このデザインがいろんなメーカーにパクられ、もはやワイヤレスイヤホンのディファクトスタンダードになってしまいとても残念です。

Powerbeats 3はエルゴノミック(人間工学)デザインに基づいて改良されたという事ですが、こうやってPowerbeat 2と並べてみると、大きな違いはありません。

イヤーフックの形状とイヤープラグの向きが少し変更され、気持ちフィット感が高まりました。

*左がPowerbeats 2で、右がPowerbeats 3

powerbeats3 vs powerbeats2 デザイン

*左がPowerbeats 3で、右がPowerbeats 2

powerbeats3 vs powerbeats2 イヤーフック

*左がPowerbeats 2で、右がPowerbeats 3

powerbeats3 vs powerbeats2 イヤープラグ

もともとPowerbeatsのイヤーフックは、かなり激しいエクササイズでもズレにくく、長時間つけていても痛くならず、装着感が高いのが大きなポイントです。

機能

下記がPowerbeats 3の主な機能です。

  • iPhoneとの簡単Bluetooth接続
  • フル充電で12時間の再生
  • 急速充電ー5分の充電で1時間の再生
  • 耐汗・耐水
  • Siriに対応した音声入力
  • 電話通話
  • 音楽再生操作(再生・一時停止・音量・トラックスキップ・早送り)

機能面でのPowerbeats 2との違いはほとんどなく、唯一の違いはApple W1 chipを搭載された事により、iPhoneとのよりシームレスな接続が可能になった事と、再生時間が6時間から12時間に著しく改善した点です。

Powerbeats 3の最初のBluetoothペアリングは、このように電源を入れるだけで、自動的に認識され、設定できるのでとっても簡単です。

powerbeats3 ペアリング

powerbeats3 ペアリング 完了

また、たったの5分の充電で1時間再生ができますので、今までは「さあランニングに行こう!」と思い立った時に、充電が少ないのに気づき、充電の手間が面倒でイヤホンなしで出かけていましたが、たったの5分待つだけでよくなったのは大きな改善です。

製品と一緒に付いてくる物

  • キャリーケース
  • 大・中・小サイズのイヤープラグ
  • USB充電ケーブル

powerbeats3 中身

Powerbeats 2のキャリーケースはジッパーが付いていましたが、新しい物はケースの真ん中あたりを押して、口を開けて中身を入れるデザインになりました。

ロゴのカラーリングもなくなり、コストカットされた感が丸出しですね。

powerbeats3 vs powerbeats2 パッケージ

その他Powerbeats 2との違い

コントローラー

一番の改善点はコントローラーが改良され、ボタンがかなり押しやすくなった点です!

Powerbeats 2のボタンは押した後のへこみ具合が少なかったので、押したつもりがちゃんと押せてなく反応しなかったり、特にエクササイズ中の操作はかなりフラストレーションがありました。

特に冬にエクササイズ中に手袋をつけているとほとんどうまく使えなかったので、わざわざ中音のボタンを長押ししてSiriで再生操作してたぐらいなので、Powerbeats 2を使用していたユーザーにとってこの改善はかなり大きいと思います。

powerbeats3 vs powerbeats2 コントローラー

音質

音質はPowerbeats 2と3で少し味付けが変わりました。こればっかりは好みの問題になりますが、Powerbeats 3のほうが中低音がより強調された設定になっており、ヒップホップやビート系のベースが効かせたジャンルが好きな人は好みの味付けになりました。

Powerbeats 2は高音まですべて幅広い音域がクリアに聞こえるのでオールランドジャンルで楽しめる味付けになっています。

ペアリングステータス

一点少し残念な点は、いままではPowerbeatsにペアリングすると、Powerbeats 2は右上のステータスに電池残量が表示されていましたが、Powerbeats 3にはそれがなくなり、デバイス選択画面か、Bluetooth管理画面でしか電池残量を確認できなった点です。

powerbeats3 デバイス選択

Powerbeats 3ペアリングステータス

powerbeats3 ペアリングステータス

Powerbeats 2ペアリングステータス – 電池残量が表示されています。

powerbeats2 ペアリングステータス

製品の紹介動画

総評

BluetoothイヤホンはPowerbeats 2を含めて「おすすめBluetoothイヤホン ランニングなどエクササイズ用にいいのどれ?」で複数の製品をレビューしましたが、Powerbeatsは定価19,800円し、ちょっと手が出しにくい価格です。

しかし飽き性でなく、長く良い製品を大事に使いたいといった人には、音質の良さ、エクササイズ中の装着感の良さ、充電の持ち、すべてにおいて他の製品とは差があるPowerbeatsはオススメです。

すでにPowerbeats 2を持っている方は、わざわざ2万円近くかけて買い直すほどの改善はありませんので、今のモデルで十分だと思います。

購入をご検討の方

powerbeats3-white

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う