脚やせ効果抜群!スクワットで太ももとふくらはぎ痩せ方法

ベンチ スクワット

スクワットって筋肉がついて脚が太くならないの?

スクワットは綺麗な脚線美・美尻作るためのとても重要な筋トレ運動です。

しかし、みなさんスクワットといえば、筋肉がついて脚が太くなるイメージがありませんか?

確かに、筋肉がつく分、少しは太くなります。

しかし、それよりも、いままでたるんでぷよぷよしていた太ももやふくらはぎが、筋肉により引き締められるので、筋肉がつく分よりも確実に細くなります。

スクワットにはダイエット効果はありません

スクワットは、ダイエットのための代表的な運動として、よく取り上げられますが、スクワットには体重の減少効果はありません。

スクワットは、無酸素運動で長時間行えないので、脂肪燃焼効果が低いからです。

体重の減少効果があるのは、スクワットのような筋トレ運動ではなく、有酸素運動です。

しかし、筋トレ効果で筋肉量が増える事により、基礎代謝が高くなりますので、結果的に痩せやすい体質にはなります。

じゃあ、スクワットの効果って何?腹筋500回 = スクワット15回ってどういう事?

なぜ、スクワットが脚やせに効果的だと言わているか。それはスクワットで鍛えられる筋肉に秘密があります。

鍛えられる筋肉効果
大腿四頭筋と大腿二頭筋(ハムストリングス)太もも痩せ
大臀筋ヒップアップ
下腿三頭筋ふくらはぎ痩せ

このようにスクワットで得られる効果が、美脚・美尻を手に入れるために必要な運動と直結しているからです。

それだけではなく、スクワットは筋トレ運動の中でも、筋肉量と基礎代謝の増加においては、群を抜いて優秀です。

生半可な腹筋運動では、腹の脂肪だけを目立って落とすのは無理です。腹筋運動で鍛えられる腹直筋などのお腹周辺の筋肉群は、決して大きくて筋量の多い筋肉ではありません。

大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった「大物」の筋肉をはじめ、下半身じゅうの大小の筋肉群が総動員されます。当然、消費エネルギーも大きいです。

すなわち、スクワット運動で使われる筋肉量は、腹筋運動より断然多いのです。

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋なんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」なのです。

参考記事:【追記あり】やせたかったら腹筋より「スクワット」をすべし!(プチマッスルライフ第6回)

さらに効果を高めるための有酸素運動

スクワットはたるんでいたお肉を引き締める事で、ある程度の脚やせ、ヒップアップはできますが、有酸素運動を絡めたスクワット運動や、スクワットの他にウォーキングやランニングなどの有酸素運動を一緒にやらなければ、脚についている脂肪を全部落とせないため、細くはなりません

これがスクワットにより、脚が太くなったと言われる所以です。

スクワットは100回で、およそ50カロリー消費するので、カロリーの消費効率は良いです。

なので、上級者になって、回数をこなせるようと、有酸素運動と絡める事ができ、より効率的に脚やせができるのです。

有酸素運動とスクワットを絡めたリーズ・フィットネスオリジナルの究極脚やせエクササイズ

正しい脚やせスクワット方法

まず、最初にご紹介する方法は、初心者の方でも簡単にできるスクワットです。

椅子や手もたれなどを使い、肩幅に足を開き上半身を真っ直ぐにしながらゆっくり腰を落とし又上げていきましょう。最初はこの動作を3セットぐらい(1セット8〜10回程度)を目標にしましょう。

太もも痩せスクワット

太もも痩せスクワット ダウン

ポイント

  • つま先は平行立ちで、肩幅の広さに広げる。
  • 背筋を伸ばし、腰が曲がらないように意識する。
  • 太ももが床と平行になるように、背筋を伸ばしたまま、腰を下ろす。
  • 膝が前に出過ぎないように膝を曲げる。
  • 継続させる事が重要なため、好きな音楽を聞いたり、テレビを見ながら、楽しみながら行う。

この運動を、日々の有酸素運動と併用して行えば、週3回繰り返すだけでも3週間目くらいから目に見えて脚が細くなってきます。