Steel HR Sportレビュー~高級感溢れるWithingsがスポーティに

一度はNokiaが買収したWithingsですが、もとのCEOに売却され、Withingsブランドに戻ってからの初の商品、Steel HR Sportが発売されました。

ベストセラーのFitbitの心拍計搭載のCharge 2や兄弟版のSteel HRとも比較しながらレビューしていきたいと思います。

 Steel HR Sport パッケージ

Steel HR Sport 内容

デザインとつけ心地

さすがスタイリッシュで高級感溢れるアナログ表示の活動量計を得意とするWithings!スパルタンで高級感を残しつつも、スポーティなデザインを取り入れた、まさにフォーマルとカジュアルのハイブリッド!

Steel HR Sport デザイン

Steel HRと比較すると、ベセルがあり、よりカジュアル感が出ていますね。

Withings Steel HR ブラック

基本デザインは、Withings Activité SteelPopと変わりませんが、Steel HRと同じようにアナログの文字盤に心拍数や歩数データをデジタル表示するディスプレイがあります。

Fitbit Charge 2と並べてみると、両方とも心拍計が付いていますが、Steel HR Sportの方がだいぶ厚みが薄いです。

Steel HR Sport vs Charge 2 サイドビュー

Steel HR Sport vs Charge 2 フロントビュー

バンドの素材は、Steel HRActivité SteelPopと同じシリコン素材で、肌呼吸できるための穴があり、通気性が良く、肌に優しくフィットする感覚で、重さもほとんど感じず、つけ心地はかなり良く、24時間付けていても気になりません。

Steel HRの革バンドはフランス製で子牛の革で作られており、このバンドもSportに付けることができます。

ただ、この皮が少し硬いので、シリコンバンドよりは、時計を身につけている感は増しますので、エクササイズ向きではないです。

Withings Steel HR 革バンド

Withings Steel HR 革バンド 横から

Withings Steel HR バンド交換

アクティビティ管理

一日の歩数目標を設定すると、文字盤の針の一つが目標に対してのプログレスを表示してくれます。

Steel HR Sport 歩数 目標設定

自動、手動でエクササイズのトラッキングはでき、自動もかなり正確で、エクササイズの種類を選ばなくても、心拍数で消費カロリーの計算を正確にしてくれますので、とても便利になりました。

今回新しく追加された機能で、手動でランニング、ウォーキング、ハイキングを選択すると、携帯のGPSを使用し、距離、速度、経路をトラッキングしてくれるようになりました。

Steel HR Sport GPSトラッキング

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング マップ

Fitbit系の活動量計では最初のモデルからあったモバイルランという機能と同じ機能です。

もう一つ新しく追加された機能は、いままでのエクササイズ中のGPSランニングセッションから心拍数、年齢、性別、体重、およびペースを含むデータに基づいてVO2 maxの推定値分析して、健康レベル(VO2 max)指標を表示してくれる機能です。

Withings Steel HR Sport 健康レベル

VO2 maxとは、個人が激しい身体活動中に1分間に消費する酸素の最大量として定義されており、酸素が多く消費されるほど、筋肉はより激しく働くことができるため、VO2 maxレベルはより高くなります。VO2 maxレベルが高いほど、より健康度が高いことを示しています。

加速度計・心拍計をFitbit Charge 2と比較

今回は3回のランニングのデータを比較してみました。

1回目

Steel HR SportCharge 2
平均ペース6:25 min/km6:30 min/km
平均心拍数157 bpm136 bpm
消費カロリー753 kcal670 kcal

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング マップ

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング 詳細

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数

Charge 2と同じようにスプリットペースもしっかり計測されていました。

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング スプリットペース

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング マップ

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング 歩数

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング スプリットペース

2回目

Steel HR SportCharge 2
平均ペース6:37 min/km6:43 min/km
平均心拍数133 bpm141 bpm
消費カロリー446 kcal406 kcal

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング マップ2

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング 地図2

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数2

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数2

3回目

Steel HR SportCharge 2
平均ペース6:19 min/km6:22 min/km
平均心拍数133 bpm145 bpm
消費カロリー632 kcal575 kcal

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング マップ3

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング マップ3

Steel HR Sport vs Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数3

Steel HR Sport vs Fitbit Charge 2 アクティビティトラッキング 心拍数3

まとめ

両方とも同じ携帯のGPSを使用しているため距離、経路、平均速度に大きな変わりもなく、心拍計の性能にも大差はなく、両方ともかなり近い平均心拍数が測定されていました。

ただ、Steel HR Sportのほうが若干消費カロリーの高く計算されていました。

結論としては、ハードウェアの性能的にはほぼ大差はないと言えます。

3軸加速度計の性能を比較

今回もSteel HR SportとFitbit Charge 2と一週間の歩数データを比較しましたが、やはり30%近い違いがありました。

週の真ん中で、付けている腕を利き腕から交換しましたが、Fitbit Charge 2の方が圧倒的に多い歩数を表示していました。

Steel HR SportCharge 2
平均12,29716,108
10/613,32616,700
10/58,30812,403
10/49,93413,281
10/315,85519,350
10/212,77314,050
10/112,65118,215
9/3113,22918,759

印象としては、Fitbit Charge 2は実際は歩いていないのに、食器を洗っている時などにも歩数として追加されていたりしたので、Steel HR Sportの方がより正確なのではないかと思います。

アプリの使い勝手

アプリはSteel HRActivité SteelPopWifi体重計と共通のアプリが使用されていて、タイムラインごとに心拍数、一日の行ったエクササイズの詳細、睡眠詳細等が表示されるデザインで、FitbitやMisfitと大きな使い勝手の差はなく、直感的に操作する事ができます。

Withings Steel HR Sport アプリ

画面のカスタマイズ機能

文字盤のディスプレイに表示する項目を自分好みにカスタマイズできます。

Steel HR Sport 表示設定

通知機能

通知があるとバイブレーションと画面表示で知らせてくれる機能です。

Fitbit系のトラッカーを含む、Withingsの他のトラッカーは、電話の着信、SMSメッセージ、カレンダーの通知には対応していましたが、LINEやGmailといったアプリの通知には対応しておらずイマイチ活用できませんでしたが、なんと今回からほとんとのアプリの通知に対応できるようになりました!

Steel HR Sport 通知設定

日本語にも対応されており、通知内容が日本語でも表示されますので、とても便利になりました。

特に女性はスマホをバッグの中に入れていて、LINEの通知に気づかない、という事が良くありますが、この機能を活用する事で、重要な通知を見逃す事は少なくなりそうです。

Steel HR Sport Slack 通知

睡眠管理機能

この機能も少しアップグレードされ、就寝時に「浅い眠り」「深い眠り」「中断」の3種類の睡眠の質を区別し、心拍数の推移をトラッキングし、睡眠スコアを算出してくれるようになりました。

Steel HR Sport 睡眠分析

Steel HR Sport 睡眠分析 心拍数

Withings Steel HR 睡眠分析心拍数データ

Fitbit系はさらに「レム睡眠」も区別してくれ、過去30日の平均と比較できたり、「ベンチマーク」で自分と同じ世代の平均と比較する機能もあり、Steel HR Sportより少し優れています。

Steel HR Sport 睡眠分析 vs Fitbit Charge 2

Steel HR Sport 睡眠分析 詳細 vs Fitbit Charge 2

アラーム機能

これもどのトラッカーにも搭載されている標準機能ですが、少しアップグレードされ、起床用のアラーム以外にも、自分の好きな時間・曜日に通知できるように、複数アラームを設定できるようになりました。

個人的にはFitbitにはない、「スマートウェイクアップ」機能が気に入っており、この機能は、設定した起床時間から特定の時間幅の間に、眠りの浅い時を検出して、アラームで起こしてくれるという機能です。

Steel HR Sport アラーム設定

Steel HR Sport アラーム頻度

Steel HR Sport アラーム設定複数

カロリー管理

いままではMyFitnessPalと連携させる事によりカロリー管理をする事ができたのですが、いつの間にかデータのインポートができなくなっていました。

Steel HRをレビューした時には下記のようにデータのインポートができ、内訳が分析できるようになっていましたが、Withingsサポートにも問い合わせして確認しましたが、現時点ではデータインポートは対応していないそうです。

Withings Steel HR カロリー管理

Withings Steel HR カロリー詳細

バッテリーの持ち

Activité SteelPopは電池式で、8ヶ月持ちますが、心拍計が常時作動しているため、充電式の仕様になっています。

Steel HR Sport 充電

カタログデータでは充電は最大25日持つと書いてありますが、一週間付けていて、バッテリー残量残り55%となっていましたので、GPS機能や通知機能を多様しても、二週間は持ちそうです。

Withings-Steel-HR-Sport-Heart-Rate-Daily

Fitbit Charge 2は充電は持って4日なので、一週間ちょいの間、2回充電する必要がありましたので、かなり手間が省けて便利です。

結論

$199(約22,000円)と少し高めですが、やはりこの高級感溢れ、スタイリッシュなデザインは、ただのフィットネストラッカーというよりも、おしゃれな時計として、フォーマル・カジュアル両方のシーンでも活用できますので、新しい時計として購入するという感覚ではあれば、とてもお得だと思います。

Steel HRより幅広いシーンで活用できますし、アプリの通知、複数設定できるアラーム機能、心拍計によるエクササイズ管理ができて、$199なら思い切って購入しても後悔しないと思います!

購入をご検討の方へ

withings Steel HR Sport

Withings-Steel-HR-SportAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

Withings Steel HR

Withings Steel HRAmazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う

Nokia Activité Steel

Withings Activite Steel 購入Amazon.co.jpで買う

 

楽天で買う

 

Amazon.comで買う

Fitbit Charge 2

Fitbit Charge 2Amazon.co.jpで買う

Amazon.comで買う