飲むと太るの!?アルコールはエンプティカロリーだから太らない!?

「アルコールはエンプティカロリーだから太らない」は嘘

白ワイン 赤ワインは太るの!?

アルコールはエンプティカロリーで、摂取したカロリーは熱として放出されるので、アルコール自体で太らない

という説をよく聞きますが、これには少し語弊があります。

エンプティカロリーとは、エネルギーがゼロという意味ではなく、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素を含んでいないという意味です。

実際、アルコールは1gあたり7kcalのカロリーがあります。

確かに、糖質や脂質よりも、アルコールは、優先的に熱として放出されますので、アルコール自体が脂肪として蓄えられにくいです。

アルコールを飲んでいる時に、顔に赤みがさし、体温が高くなっているのが、熱として放出されている証拠です。

ただし、「ほとんど蓄えられない」という説と、「70%くらいはカロリーとして摂取される」という説があるので、まったく太らないという事ではなく、同じカロリー分を食品から摂取するよりは、太りにくいと、考えていたほうが良いと思います。

アルコールは太る原因にもなる

アルコールは体にとって毒とみなされ、肝臓が解毒をしようと、アルコールの分解に肝臓の機能が奪われますので、一緒に食べた物の糖質や脂質を燃やす機能が弱まりますので、それらの食べ物が脂肪として体に蓄積されやすいので、アルコール自体は太りにくいかもしれませんが、飲みながら食べると、太る原因になります。

さらに、アルコールを分解する過程で、肝臓での中性脂肪の合成が促進され、体重は増えないかもしれませんが、これらの脂肪は肝臓に蓄積され脂肪肝になります。

気をつけないといけないアルコールの糖質

日本酒やビールは、糖質が高く、実はこの糖質が問題で、糖質はエンプティカロリーではないので、しっかり余った糖質は、食品の糖質と同じように、脂肪として蓄えられます

飲む時は、下記の表を参考に、糖質が低いアルコールにしましょう。

飲み物糖質量
ビール10.9g1缶
日本酒8.1g1合
梅酒6.2g1グラス
白ワイン2.0g1グラス
赤ワイン1.5g1グラス
焼酎0g
ウイスキー0g
ウォッカ0g
ジン0g

結論:ダイエット中は、アルコールは控えめに

まとめると、糖質が低いアルコールは、他の食品から摂取したカロリー分よりは、太りにくいかもしれませんが、一緒の食べた食品が燃やされにくくなるので、プラスマイナスゼロ。すなわち、アルコールも他の食品と同じように、扱ったほうが良いという事になります。

糖質が高いアルコールに関しては、普通の食品から摂取したカロリーと同じように余った糖質は脂肪になりますので、食品が燃やされにくくなる分、もっと注意が必要です。

また、これは周知の事ですが、アルコールが太るのではなく、「おつまみ」と言われているくらい、ビールなどのアルコールは、食欲を増進するので、さらなる注意が必要です。

やはり、最終的な結論として、アルコールはダイエット中は避けるべきという事になります。

合わせて読むと良い記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です