フランスメーカーWithingsのお洒落な活動量Activité Popのレビュー

乗るだけで、自動で体重と体脂肪率を記録してくれるWifi体重計Withings Smart Body Analyzerを作っているフランスメーカーのWithingsが、今度はスイスの時計メーカーと提携して、とてもおしゃれな活動量計を作ったので、さっそくレビューしてみました

デザインと付け心地

さすがヨーロッパデザインです。活動量とは思えないぐらい、とにかくおしゃれ。

Withingsはフランスのメーカーですが、時計はスイスメイドだったり、シンプルなデザイン、落ち着いた色合いが、フレンチベーカリーのクロワッサンとカプチーノにとても合います。

Withings Activite Pop 活動量とコーヒー

Withings Activite Pop 活動量とフレンチベーカリー

重さもほとんど感じなく、バンドの付け心地も良いので、1日中付けていられます。

Fitbit Charge HRなど縦幅がある活動量計は、袖口がタイトなシャツだと袖に引っかかり、出すのが大変でしたが、Withings Activité Popはとても薄く、時間や活動量を確認するのはまったく苦になりません。

Withings Activite PopとFitbit Charge HR 比較 横から

Withings Activite PopとFitbit Charge HR 比較 上から

バンドの調整幅は広く、男性でも女性でも使えます。

Withings Activite Pop 男女兼用

活動量計機能

Withings Activité Popは、他の活動量計と同じ、3軸加速度センサーを使って、活動量を計測します。

その日の活動量の目標達成度は、パーセンテージで視覚的に表示してくれますし、時計として時間を確認する時に、達成度が低いと、気になり、「じゃあ自転車を降りて歩こう」と思わされるので、他の活動量計より、エクササイズ促進効果があるのではないかと思います。

性能に関して、歩数データはどちらが正しいか証明はできませんが、活動量計の中で一番人気で、性能が高いと言われているFitbit Charge HRに比べると、1日1万歩以上歩くと、Withings Activite Popは2000歩から3000歩(15~25%)少なく計測されていました。

1週間のデータを取ると、Fitbit Charge HRは、1日平均が16,225歩に対し、12,527歩で、約23%の違いがありました。

Withings Activite Pop 週別 歩数データ

Fitbit Charge HR 週別 歩数データ

しかし、ジョギングをすると、正確にジョギングをしていた時間は計測できていましたので、性能よりもおしゃれ、という人には、1日におおよその消費カロリーは把握できるので、活動量計としてはまったく問題ないレベルだと思います。

Withings Activite Pop ジョギングデータ

睡眠管理機能

Withings Activité Popの睡眠トラッキングは、Jawbone系の活動量計のように有効・無効設定をする必要がなく、Fitbit系の活動量計のように、付けたまま寝ると、自動的にトラッキングしてくれます。

Withings Activité Popは、他の活動量計と同じように、「深い眠り」と「浅い眠り」の2種類の睡眠の質を計測してくれます。

Withings Activité Pop 睡眠トラッキング

自分で記録した寝た時間・起きた時間と比べると、自動トラッキングでも、割と正確に計測できていました。

Fitbit Charge HRと比較しても、1週間の平均睡眠時間が6時間31分に対して、Withings Activité Popは6時間17分でしたので、そこまで大きな差はありませんでした。

Withings Activité Pop 週別 睡眠時間

Fitbit Charge HR 週別 睡眠時間

昼寝した時間もしっかり計測されており、睡眠トラッキングの機能は割と精度は高そうです。

Withings Activite Pop 睡眠管理 昼寝

アラーム機能

Withings Activité PopはFitbit系やJawbone系の活動量計のように、バイブレーション機能が付いており、設定した時間を知らせてくれます。

しかし、現時点で、設定できる種類は起床時間の1種類だけで、しかもアラームも1つしか設定できません。平日は6時にアラーム設定して、週末は8時とか、明日は早起きをしないといけないので「5時に」、 など複数設定ができず、そのつど現在の設定を変更しないといけません。

Withings Activite Pop アラーム機能

通知時は12回振動します。現時点ではバイブレーションを停止する方法は提供されておらず、12回の振動が終わるまで待たないといけないので、朝など、少々イライラします。

Amazon.comのレビューでもたくさんのユーザーから指摘されているので、Withingsも改善意思を表明しているので、近い内に改善できるのではないかと思います。

ダブルタップアラーム確認機能

画面をダブルタップすると、長針と短針が動き、設定しているアラームの時間を表示してくれます。

個人的には、このあたりが機械的ではなく、電気制御されている感が出ており、カッコよく感じます。

しかし、感度が高いためか、ダブルタップしていないのに反応する時があります。

防水機能

Fitbit系やJawbone系が実装できなかった完全防水機能があり、50mまで対応できます。製品開発者のブログには、水泳の活動量もトラッキングできるように開発中という事で、今後期待大です。

アプリ

データの表示方法は時系列のタイムライン方式と、目標達成度がすぐに把握できるダッシュボード方式があり、両方ともデータが見やすく、直感的に使えるUIになっています。

Withings Activite Pop タイムライン

Withings Activite Pop ダッシュボード

活動・体重目標の設定、アラームの設定も、画面ドラッグだけで設定できたり、なかなか使い勝手は良いです。

Withings Activite Pop アラーム設定

心拍数計測機能

アプリにはスマホのカメラを使って心拍数を計測する機能が付いており、アプリを起動すると心拍数を計測する事ができます。

Withings Activite Pop 心拍計

これが意外と心拍数が正確に計測する事ができるんです。

Fitbit Charge HRの計測している心拍数と比較してもほとんど差が無く、あってもプラスマイナス1か2程度なので、安静時の心拍数を計測したり、エクササイズ時に強度調整のために心拍数を計測したりできますので、なかなか便利な機能です。

Withings Activite Pop 心拍数 計測

プロモーションビデオ

まとめ

活動量計測、睡眠管理、アラーム機能、Run KeeperやMyFitnessPalなどの他のアプリとの連携など、活動量系業界リーダーのFitbitやJawboneの製品と比較しても大きな機能や性能の差もなく、さらにこんなおしゃれなデザインの時計が$149.99で購入できるのなら、割とお買い得です。

バンドが交換式なので、服に合わせてバンドを交換、なんてできますし、機能や性能よりも、おしゃれがしたい。また、電池式なので、他の活動量みたいにUSBで5~7日に1回充電する必要もないので、気軽にダイエットのために、だいたいの消費カロリーが把握できれば良い、という人にはぜひオススメです。

Withings Activite Pop 交換バンド

購入をご検討の方

Withings Activite Pop 活動量計

Amazon.co.jpで買う

楽天で買う

Amazon.comで買う